個展「としょ感」         (2月1日→12日・エビスアートラボ/名古屋)のためのブログ


by tosyokannissi

はじめに

はじめに
宮田篤のとしょ感日誌をご覧いただき、ありがとうございます。宮田篤です。
この日誌は、2008年2月1日から、12日まで、愛知県名古屋市のエビスアートラボで行われた「としょ感」という展覧会の記録のために作成されました。個展の終了にともなって、定期的な更新は終了していますが、いろいろ見てみてくださいね。

おまけの微分帖(カタリベカフェでつくりました)

微分帖 Feb.17 2008

おなかが
空いたので 食べ物を
探して 冷蔵庫の中を
のぞいたら 夏のせいで
中のものが ホタルになって
おしりがピカピカでさ 照らすものもないのに
いろいろがんばって でもお尻が光らなくて
平沢さん(注:女性)がよろにくって励まして 将本君(注:18歳)が詩を朗読して応援してくれて
でもお尻が光らなくて がんばりすぎて
最後にもう一度がんばって だけどみんな消えちゃって
後に残ったものはみんな くさっていて
食べれるものが 何も
なかったので 外に
出たら 雲が
食べたくなった。
[PR]
by tosyokannissi | 2008-02-16 08:50 | はじめに